お金の管理が難しい人は、クレジットカードでの支払いはやめましょう。

借金地獄体験談(2)

 

クレジットカードを作った女性

 

社会人になって数年たち、自分ひとりで生活できるようになった頃、私は初めて「クレジットカード」を作りました。

 

最初は何を購入しても「一括」でのみ支払っていたのですが、会社の友人の結婚式に出席するときに出さなければならないご祝儀のために、初めてクレジットカードで「キャッシング」をしました。

 

そのとき、一括で返済する事が出来なかった私は「リボ払い」を選びました。
月々5,000円の返済でいいんだ、と勘違いした事が全てのはじまりでした。

 

月々少額返せば多少高額のものを買う事ができる。そう思った私は、ストレス発散にブランドのバックなど欲しいものをどんどん買うようになりました。

 

しかし、クレジットカードには「限度額」があります。気付けばクレジットカードが使えない程購入してしまった私は、そこでやめればよかったのに再びクレジットカードを作って、同じようにリボ払いでさまざまなものを購入するようになってしまいました。

 

気付けば2枚とも限度額いっぱいまで使ってしまい、3枚目のクレジットカードを作ろうにもどのクレジットカード会社からも断られる始末。

 

気付けば150万円近い借金になっていました。

 

どんなに買い物をしたくてももう出来ない状態になり、あらためてクレジットカードの請求書を見て、やっと冷静に現実を見ることができるようになりました。

 

クレジットカードのお金は「自分のお金」ではなくて、あくまでも「借りたお金」であること、当たり前ですが「返す必要があること」を理解することがどうしようもない状態になってはじめてできたのです。

 

今は何年かかって返す事が出来るかわからない借金を少しずつ返済している状況です。
リボ払いのままなので、利息も高くなってしまっています。
現在はクレジットカードを使うこともやめ、自分の手持ちの現金だけで過ごすようにしています。

 

ギャンブルで借金に苦しんだ人の体験談はこちら