借金の時効が成立すれば、いくらであっても支払いの義務がなくなります。

借金の時効消滅って?

 

借金の時効消滅について

 

どんな事にも「時効」は存在します。

それは借金であっても同じことです。

しかし、借金の消滅時効を実行する為には、いくつかの条件に当てはまらないといけません。

 

借金の種類によって時効が違う

まず確認するべきは「借金の消滅時効期間ですよね。
これは「借金がどんな種類であるか」によって変わってきます。

 

借金の貸主が消費者金融や銀行などの貸金業者である場合、その業者が「会社」であれば「5年」、「個人」であれば「10年」の事項となります

 

ただし、信用金庫が貸主の場合「会社」という判断にならない為「10年」の時効になります。
ただし、借主が会社の運営の為など「商事債権」である場合は時効が「5年」になります。

 

 

借金の消滅時効が適用される為の条件

1つは「時効期間の間、借金があると認識していない事」です。

 

例えば、引越しなどをして借金の返済について全く認識していなかった、など、「借金がない」と認識していること、が大事になります。

 

また、「借金があると認識している」場合や、「時効の間に借金を返済している」と、消滅時効が中断されます。

 

その他にも、貸主から「内容証明郵便」で借金の催促をされている場合や、裁判などの「訴訟」を起こされた場合、消滅時効が延長したり中断したりします。

 

 

借金の消滅時効を援用する為には

借金の消滅時効を適用させる為には、実際に「援用」することが必要になります。
援用とは、要するに「借金の消滅時効が成立しました」と貸主に伝えることです。

 

援用する為の方法は、借金の消滅時効を援用する旨を記載したものを、内容証明郵便を貸主に送付することです。

 

個人で行う事も可能ですが、条件が当てはまっているか、どんな風に書けばよいのかなど心配な場合は弁護士や司法書士などに相談してみるとよいでしょう。