自己破産から復帰した人が数多くいます。

自己破産から人生復帰した人々

債務整理という方法でもご紹介した「自己破産」から人生復帰した人々もいます。
自己破産したら終わりなどというイメージもありますが不可能ではありません

 

実際にあった例を紹介しましょう。

 

 

自己破産から人生復帰した最たる例としては
カンニングの竹山さんなどが現在もテレビで頑張っています。

 

芸能界などではスキャンダルが命取りとなる中で、
こうした一大スキャンダルがあってもやっていくことは可能なのですね。

 

ただ、芸能人なら復帰できても…と思われる人もいるでしょう。
一般の人でも人生復帰できた人は実は結構います。

 

自己破産すると多くのペナルティーが科せられるというのは良く聞く話ですが、
現実問題としてはそれほど酷いペナルティーが科せられることはありません。

 

全くないわけではないですが、
人生終わりというほどではないという事です!

 

サラリーマン

 

確かに、ブラックリストに載ることで取り消されるまで複数年、
具体的には5~7年は最低見ておかなくてはならないと言われています。

 

その上、破産者名簿にも名前が記載されるなどリスクは大きいようにも思えます。

 

しかし、実際に影響があるのは、ブラックリストぐらいのもので、
一部の職に就けなくなるというデメリットもありますが、
実生活への影響はそれほどでもないのです。

 

選挙権なども普通にありますし、
言われているほどのマイナスイメージはないということですね。

 

日本人は特に経歴に傷が付くのを恐れるところがあります。
現実問題としてそれほど深い傷ではなくても、
傷が付く時点で致命的なように感じてしまうのでしょう。

 

決して良いことではないですから間違ってはいませんが、
それで死を選ぶのも何かが間違っているように思えます。

 

人生を上手く生きるという事は、こうした部分を正しく理解して活用するという事です!

 

正しいイメージや間違っているイメージなど勝手に決めつけている部分を
日本人は誰もが持っています。

 

いい意味で開き直って生きることをもっと実践していくべきなのではないでしょうか?

 

美意識も結構ですが、生き方に器用さを持たせることも重要な事だと思います。

 

器用に生きている人は、一般人、芸能人問わず得な生き方をしています。
そういったしたたかさは学ぶべき点も多いのではないかと思います。

 

以上、まとめると言われているほどのリスクもなく、
自己破産から復帰した人も多いという事でした!

 

マイナスイメージが強い自己破産ですが、実際はそれほどでもないという事です!