どの方法も一長一短ではありますが、債務のケースによって使い分けることが可能です。

債務整理という方法

今回は、具体的な解決方法の一つをご紹介します!

 

それは、債務整理という方法で、
簡単に言うと借金から解放される方法という事になります。

 

以下で詳しく説明していきますね!

 

 

債務整理には、3通りあって

 

「任意整理」「民事再生」「自己破産」

 

となっています。

 

 

「任意整理」

今後の金利が無くなるという方法の事で、借金の減額、毎月の返済額の減額や、
場合によっては過払い金も受け取れる可能性があります。

 

このように書くといいことづくめに思えるかもしれませんが、デメリットも当然存在します。

 

それは、相手が応じる必要があるということ。

 

「任意整理」の場合には債権者に不利な条件を受け入れてもらう必要があります。
そのため、個人ではまず不可能であり、弁護士などが手続きをするのが一般的です。

 

成功するかどうかは相手次第ということもありますので、その点が何よりのデメリットと言えるでしょう。

 

しかし、成功すれば非常に良い方法です。
この3通りの中で一番良い方法が「任意整理」と言われています。

 

ただ、この場合には性質上、複数回の借り入れなどを行っている場合は不利になると考えていいです。信頼度がかなりの比重を占めますから。

 

「民事再生」

これは、現在の借金の返済が困難であると裁判所に認められると可能となる制度です。

 

内容としては、借金を3年かけて分割で返済していく方法となります。

 

金額も減額され、1/5から1/10まで減額されます。
ただし、住宅ローンは別ですのでご注意ください!

 

原因を問わず利用できるのがメリットですが、
最も手続きが面倒なため、費用や手間が一番かかるのがデメリットです!

 

「自己破産」

この言葉は一度ぐらい耳にしたことがあるでしょう。

 

メリットは借金の免除、取り立ての停止
デメリットは、財産が処分されることや、ギャンブルなどが原因の場合などに
申請が却下されるということです。

 

 

どれも一長一短ではありますが、ケースによって使い分けることが可能です!

 

注意点として、どの方法を取った場合でも「ブラックリスト」に載るのは避けられないのは頭に入れておいてください!

 

それでも、これらの方法は覚えておいて損はないです。
取り立てる方も別に追いつめたいわけではなく、支払ってほしいわけですから、
支払ってくれるなら応じてくれることも可能性としては十分あります!

 

一度試してみてはいかがでしょうか?