遺される家族が返済義務に追われます。

遺される家族とその後

借金が元で死んでしまった場合の遺された家族はどうなるのか?

 

自分が死ねばそれで終わりという事はまずあり得ません!

 

以下で説明していきますね。

 

 

自分が背負ってしまった借金は基本的に家族に引き継がれることになります。
「債権」というのは対象者が亡くなった場合でも消えることがないからです。

 

つまり、何も解決しないわけです。

 

だからこそ何らかの対処方法が必要になるわけで、
それは死んで解決するわけではないという事を覚えておいていただきたいです。

 

「債権」は、移動するということです。
死ぬということはこれらの責任の放棄という事にほかならず、
無責任というだけで、事態は何ら変わることはありません。

 

自分が返済のメドが立たないのに、
家族がどうにかできるわけがないですよね?

 

お金で苦しむ人

 

自分が辛いから死ぬというのは論外ですが、
死ねば大丈夫などと安易に考えて借金するのはやめておくべきでしょう。

 

家族の事も考えて行動しなくてはなりません!
理不尽に借金を背負わされた場合などは、法律によってどうにかする方法もいくつかありますので、
どうにもならないと考えるのはそれからでも遅くないはずです!

 

とにかくまとめると自分が死んだ場合には、家族が背負うことになるということ。

 

つまり、借金はチャラにはならないということと、
そうするよりもしっかりとした手続きをすれば助かる場合もあるということです!

 

結局、自分が死んでも家族が苦しむだけで、何の意味もありません。

 

その後は、家族が返済義務に追われるだけなのですから。

 

死にたくなるほど苦しいのは間違いないでしょう。
しかし、そうしても根本的な解決にはならないというのもまた確かなことなのです。

 

残酷なようですが、これが現実です。
だからこそ逃げることなく向き合うようにしなくてはなりません。

 

先程少し話した通り、方法はちゃんとあります。
無理なく返済する手段など、法律で守られる部分も多いですから
簡単に諦めないでくださいね!

 

とはいえ、自殺したくなる気持ち、いわゆる自殺願望が生まれてしまうのも避けられません。
自殺願望を抑える方法については別ページでご紹介します。